自宅で安心して暮らすことができるように、介護保険で住宅改修(リフォーム)ができます。

 どのような人がいくらぐらい使えますか?

 介護認定状態が要支援(1、2)・要介護状態(1~5)の方が対象となります。

介護保険対象の住宅改修は、所得に応じて1割・2割・3割のご負担でご利用いただけます。

市から費用(過去に行った住宅改修と累計して20万円を上限)の9割分、8割分または7割分が支給されます。

特例として、要支援・要介護状態区分が3段階以上、上がった場合や転居した場合は、再度利用することができます。

   詳しくは当社にお気軽にご相談ください。  TEL:053-464-5410

 どのような住宅改修(リフォーム)に使えますか?

対象となる
住宅改修
●手すりの取り付け
●段差の解消
●滑り防止・移動の円滑化等ののための床又は通路面の材料の変更
●引き戸等への扉の取替え
●洋式便器等への便器の取替え
※上記の改修に伴って必要となる改修も対象となります

※ 施工例はこちらからご覧いただけます

   詳しくは当社にお気軽にご相談ください。  TEL:053-464-5410

 住宅改修(リフォーム)の申請の流れは?

支給の方法は「償還払い制度」か「受領委任払い制度」どちらかを選んでください。

●償還払い(市⇒利用者に支給)

利用者がいったん費用の全額を事業所に支払い、後日、利用負担分を除いた保険給付分が市から支給されます。

●受領委任払い(市⇒事業所に支給)

利用者は、費用の利用者負担分のみを事業所に支払います。保険給付分の受領を利用者が事業所に委任します。

   詳しくは当社にお気軽にご相談ください。  TEL:053-464-5410

 必要な書類はなんですか?

申請に必要な書類(事前申請書)
 ◆ 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費 事前承認申請書
 ◆ 添付書類
(1) 住宅改修について必要と認められる理由書
(2) 工事費見積書
(3) 住宅の見取図(平面図)
(4) 改修前の状態が確認できる写真
(5) 住宅の所有者の承諾書(本人・家族以外が所有者の場合)

完了後に必要な書類(支給申請書)
 ◆ 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費(支給申請書)
 ◆ 添付書類
(1) 住宅改修費事前承認通知書
(2) 領収書(原本)
(3) 工事費内訳書
(4) 改修後の状態が確認できる写真

   詳しくは当社にお気軽にご相談ください。  TEL:053-464-5410

 高齢者でなければ利用できませんか?

第2号被保険者(40歳以上65歳未満)で特定疾病によって、要介護・要支援と認定された方も利用できます。

※特定疾病 … 加齢(老化)との関係がある疾病、要介護状態になる可能性が高い疾病で、16疾病が指定されています。

●がん(※1)         ●脊柱管狭窄症      ●閉塞性動脈硬化症
●関節リウマチ        ●早老症         ●慢性閉塞性肺疾患
●筋委縮性側索硬化症     ●多系統萎縮症      ●両側の膝関節又は股関節に
●後縦靭帯骨化症       ●糖尿病性神経障害     著しい変形を伴う変形性関節症
●骨折を伴う骨粗しょう症    糖尿病性腎症      ●進行性核上性麻痺、大脳皮質基
●初老期における認知症     及び糖尿病性網膜症    底核変性症及びパーキンソン病
●脊髄小脳変性症       ●脳血管疾患

  (※1)医師が一般に認められている医学的知見に基づき、回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。

   詳しくは当社にお気軽にご相談ください。  TEL:053-464-5410

◆各市町の介護保険についての詳細はこちらをご覧ください◆

浜松市の介護保険

磐田市の介護保険

袋井市の介護保険

掛川市の介護保険

   詳しくは当社にお気軽にご相談ください。  TEL:053-464-5410