築40年の住宅を、車椅子で快適に暮らすことができるようにバリアフリー住宅に新築しました。
週に1度は、利用者の方と一緒に現場を訪れ、動作を確認していただきながら、施工していきました。

新築工事事例

【施工後】

Nさん(左写真)コメント:「タイキ工務店さんは、バリアフリー住宅専門なので、安心してお任せしました。
デッキからのスロープ(2方向スロープ)が自慢です。ドアも部屋も広くなって、車椅子でトリプルアクセルができるかも(笑)
あと、洗面所の壁を杉板にするなど、デザインや素材にもこだわりました」
(Nさんは、現在車椅子を使用して暮らしています)
右:外観です。バリアフリーというだけではなく、デザインにも工夫をしました。建坪は、約30坪あります。

外観・ポスト

【施工後】

玄関ポーチからスロープ面は、滑り止め使用のクッション材を使用しました。
玄関ドアは、室内から施錠・開錠できるアシストドアを使用し、また、玄関内で取れるポストを設置して、簡単に郵便物を取ることができるように工夫しました。

引戸・キッチン

【施工後】

各部屋の入口を広く取り、車イスで引戸が開けやすいように、建具の途中は、送り操作ができるように、額縁をつけてあります。
また、キッチンは車イスでも利用できるようになってます。
(各部屋の入口の開口は1100mm以上)

配電盤・洗面台

【施工後】

配電盤は車椅子でも操作できるように、低く施工しました。
洗面所は、カウンター式の洗髪洗面です。手元で吐水の操作が出来ます。

トイレ・浴室

【施工後】

トイレは両サイドに手すりが設置してあり、立ち上がりにはL型手すりを設置、座ったままで手も洗えるように施工しました。

機能減少の為リフト設置しました。

外 部

【施工後】

外部は2方向避難のためにスロープ施工しました。
南側のベランダには、テラスがつき雨や冬の寒さにも快適に暮らせます。